自然素材の家みのや 三重県
新築 三重県 注文住宅新築 三重県 注文住宅
みのや三重県 鈴鹿市みのや三重県 鈴鹿市
みのや三重県
三重県自然素材の家 みのや
みのやの家
鈴鹿市みのや
リフォームみのや
みのや自然素材の家
セルロースファイバーの家

地熱活用の家 WUC
 

全館空調システムなら、
 夏涼しく冬は暖かく
  一年中健康に暮らせます。
冬のイメージ
暖かい空気が循環します。
 
夏のイメージ
涼しい空気が循環します。
 
 
 
全館空調の家
 
全館空調の家
健康住宅
 
 

暖かい家の造り方 いいこといっぱい!
暖かい家での暮らし 

 
 
真冬でも素足で暮らせる
 

OB様より
 
「この家に住み始めてから、真冬の朝でも、ふとんから出るのが苦にならなくなった」
 

「真夏の朝も年中同じように過ごせるようになった」
 
皆さんもこんな暮らしが出来たらいいね!と感じたことでしょう。
 
家を建築するときに少々工夫することで、体にやさしく心地よく、暖かい暮らしを手に入れることが出来ます。
 
工夫した「暖かい家」では、「省エネでお得に暮らせる」ようにもなります。
 
暖かい家ではどんな快適な暮らしが手に入るのかご紹介しましょう。まずは素敵な生活シーンから、、、
 

極寒の冬でも好きな場所で食事をして、好きな場所で寝られます。
 
風が冷たくピンと晴れた冬のある日。天気が良くても、冬は本当に冷えます。
 
でも、この「暖かい家」ならば、食事をするのも読書をするのも、家の中のどんな場所でもOKです。
 
「暖かい家」は、おおらかな空間を造り出し、暮らしを自由自在に楽しむ快適さを教えてくれます。
 
 
 
冬の日の午後、級友の夫婦が訪ねてきました。テーブルを囲んで会話を楽しみました。
 
そんな楽しいひとときをこの暖かいお部屋で過ごしていると、友達は去りがたく感じ訪ねられた自分も同じ気持ちに、、、。
 
こんな気持ちになってしまえるのも「暖かい家」の魅力の一つです。
 
この家は「温かい人間関係をつくってくれる至福のひととき」を創り出してくれます。
 


子育て世代の方々にも、とても過ごしやすい生活環境を提供してくれます。

 
こんな深夜のシーンも
 
寝室を一晩中、春の夜の暖かさに保ってくれる。この家のぬくもりのおかげで、ひと晩3度の授乳の時も助かりました。
 
時乳中のお母さんにも、この家のやさしいぬくもりはとてもうれしいものです。
 
真冬の深夜の授乳のときも、とてもリラックス出来るんです。
 
体にやさしい暖かい家にいると、冬も調子がいい。
 
体の芯から温まる。だから真冬でも素足で過ごせちゃう。
 
体にもよい、健康な暮らしが!
 
真冬の朝。部屋にぬくもりが残っていてふとんから出るのが苦にならなくなった。
 
極寒の真夜中。
 
息子の夜泣きが始まってから、毎晩4,5回起きては抱っこ。そんなとき、この家のぬくもりが何よりありがたい。
 
子育てママにとってつらいのは、深夜の時乳だけではなく、赤ちゃんの夜泣き。
 
生後数ヶ月で夜泣きが始まってから、毎晩が修羅場というお母さんも少なくありません。
 
でもこの「暖かい家」なら、鳴き声をきいて反射的に飛び起きても、寝室が暖かいのでゾクッとしません。

2~3時間しか眠れない日が続いても、体調を崩さずに過ごせます。またこの暖かさは睡眠の室も高める効果もありますので、家族の健康を末永く見守ってくれます。
 

省エネなのでお得に暮らせます。
 
年間平均10万円までの光熱費でお得な暮らしも出来ます。
 

全館冷暖房について動画で説明いたします。
ご確認ください!

 

 
 
 

高断熱で健康増進の室内環境を提供します。

         〇セントラルシステム・欧米の家では標準です〇

 
 
+全館空調システム(床下より冷暖房)
+家の中の空気を循環
+セルロースファイバー断熱(調湿作用)
+ダブル基礎断熱・(基礎ダブル断熱+内外ダブル断熱)
+漆喰室内・外断熱・漆喰塗り壁・無垢のフローリング
+高気密・高断熱(C値0.8)
 このベストな組み合わせが
   一年中快適に暮らせる環境を創ります。

 
 
 

家全体を冷暖房するMINOYAの全館空調!
 
 
欧米では日本のように各部屋にエアコンを設置するという考え方はなく、家全体を冷暖房する全館空調システム(セントラルエアコン)が一般的です。
 
1台のエアコンで家中を冷暖房させます。外観もスッキリしますネ。
 
 
  
熱に対する意識も高いです。窓もトリプル硝子が当たり前。ドイツでは断熱材にも気を使います。壁の厚さが40㎝以上も普通です。セルロースファイバー、木質チップ系の断熱材が採用されています。
 
 
日本の家は世界の先進国の中で最も寒くて暑い住空間です。断熱・窓もトリプルサッシの木製(樹脂サッシ)は当たり前。
 
室内の温度が18度を下回らない室内空間の家造りが基本です。
 
 
 
日本の省エネと言えば「いかに電気を使わないか」ですが、ドイツでは電気よりも「いかに断熱するか」が重要になっています。
 
 
日本では冬になるとヒートショックで1.7万人のお年寄りがお亡くなりになっています。
 
寒さを我慢しているのと、家の中の温度差、断熱性能が十分でないことが原因です。
 
 
 
健康で快適に暮らすために「全館空調」の家造りも知っていただけたらと思います。
 
 
 
全館空調システムは24時間全室を空調して、部屋やトイレ、廊下までも均一な温度を保ちヒートショックによる高齢者の事故を防ぎます。
 
気になるランニングコストは月平均8000円と、大変低価格に収まります。
OB様よりデーターあり
 
 
 
暖かい家は快適に、健康に暮らすためには必須なのです。
 
 
 
詳しくは「みのや」にお問い合わせくださいね。
 
 
 
 

 

今回ご紹介のシステム 
「全館空調+基礎ダブル断熱」健康住宅!
 
・工事コスト・・・全館空調が150万円 

 
 

・エアコンの年間平均電気代は10万円前後。 
 
・セントラルエアコンなので室外機が一台で済みます。庭が広く取れ、外観が配管だらけになりません。これは良い!
 
・大手メーカーエアコン(ダイキン)商品なので安心保障。
 
・春・秋はエアコンを止めることもできます。
 
・冬は基礎コンクリートに熱を溜めるので、
           床暖房のように床が温かい

 

・常に空気が家中を循環することで、ほこりが、
       フィルターボックスの一か所に集まる。
 
・「光ストリーマ・プラズマクラスター」が
      付いているのでウィルス対策もバッチリ
 
・床下も常に空気が循環し乾燥しているので、
             防蟻対策(ホウ酸処理)も安心。

 
 

欧米の省エネは快適性追求の全館暖房が当たり前。
日本の省エネは節約追求の個別冷暖房が主流である。
 
 
ヨーロッパでは室内温度が18度を下回ると基本的人権が
損なわれると訴えられるんです。それくらい暖かい家が
建築されています。
 
 
日本の住宅はどうでしょうか!冬の朝は3度くらいは当たり前です。
 
その結果、温度差によりヒートショックで廊下、・浴室で倒れる。(年間死亡者数:約17,000人)一方、熱中症で部屋の中で倒れている。
 
日本の住環境も欧米並みの快適さと耐久性が必要である。
 
 
地熱活用とは・・・家の1m下は年間通して18℃!です。夏の18℃は涼しく、冬の18℃はほんのり暖かい。ベタ基礎が地中熱を蓄熱致します。
 

 
 
 
 
高断熱・低燃費な家造りが実現されました。

 

全館空調の家
 
 

全館空調+W基礎断熱
家族が笑顔で暮らせます!

 
 
 
 

●基礎断熱工法の採用基礎内部を室内と考える「基礎断熱工法」の採用により室内の気密性能を向上。
 
年間を通して13~18℃という安定した温度を保つ地熱の有効利用ができるため、冷暖房費の削減可能となりました。ベタ基礎が蓄熱層になります。

 
 

●冷暖房費だけじゃない! 省エネ住宅のメリット省エネルギー住宅を建てるということは、単に冷暖房費が安くなるということだけではなく、室内快適性の向上や温度ストレス、カビ・ダニによる健康被害の軽減、結露による構造材の劣化防止にもつながります。

 
 
MINOYAの家・高断熱・高気密の健康住宅

 

 
注文住宅鈴鹿市みのや

 
 エコブレス工法・・・
北海道で開発された自然循環の冷暖房工法にも
取り組んでいます。お問い合わせ下さい!

 
地熱活用 セントラルシステム地熱活用 セントラルシステム
クリックしてね
 
三重県みのや、自然素材の家三重県みのや、自然素材の家
三重県 自然素材の家 みのや
セルロースファイバー
電磁波対策
セントラル浄水器
ラジエントヒーター
オーダー家具